親知らず

今日は口腔外科で親不知を抜いてきました。

3月の20日頃からあごの関節が痛みだし、
口腔外科に行くと
「親知らずが生えたままだから、それがほかの歯を押していて、
かみ合わせが悪くなってあごに影響しているから、親知らずを抜きましょう。」

とのこと。何でも、親知らずが原因で歯並びも悪くなってきているのだとか。

「もっと早く抜かなきゃいけなかったね」




ガーン



そうだったんだ!




自分の親知らずは真っ直ぐ生えてきてるから大丈夫とばかり思い込んでいた私。
気が付けば下の前歯はガチャガチャで。
これは歯を抜いたからと言って元に戻る事はまずないとのこと。
「これを治すには歯科矯正が必要だね。」

あらまぁ。簡単に仰いますね先生。


それはさておき、先ずは親知らすを抜こう。ということで
今日の昼一番に抜いてきましたよー。


怖かったのかな?(そんなつもりはありませんでしたが)
術中に力が入ってしまって、足が震えて震えて。。。

先生にも「なんかやりにくいなー」と苦笑いされる始末。

今日はとりあえず、右の上下2本を抜いて頂きました。
左側はまた今度だそうで。

下の歯はあごの骨を少し削ったり、1針ぬったりしたので、
今のところは何ともないのだけれど、
徐々に腫れてくるそうです。
痛み止めが切れたら痛いんだろうなー。


皆さまも、親知らずは早めに抜いておきましょうね!

スポンサーサイト

コメント